和人

 

古事記-1
 

邇邇芸命(ににぎのみこと)

【高天原から天下った天照大神の孫神】 概要 天孫降臨神話の主役で、天照大神が高天原で栽培した神聖な稲穂を携え、父神の天忍穂耳神(あめのおしほみみのかみ)に代わって地上に天降って、日向(宮崎県)の高千穂の峰に降り立った。そ・・・

宇迦之御霊神(うかのみたまのかみ)

【稲荷神社に祀られる須佐之男命(すさのおのみこと)の子の穀物神】 概要 宇迦之御霊神(うかのみたまのかみ)は、稲の精霊を神格化した神で、神名の「宇迦」は食(うけ)と同じいみで食物をさし、その基本的な性格は五穀、食物をつか・・・

倭建命(やまとたけるのみこと)

【孤独で愛に飢え、苦難に満ちた英雄】 概要 倭建命(やまとたけるのみこと)は日本神話のヒーローで、武力に優れた偉大な戦士として生き、同時に人間的な愛や苦悩に彩られたその悲劇的な生涯。出生は第十二代、景行天皇の皇子で、本名・・・

少名毘古那神(すくなびこなのかみ)

【常世の国からやってきた小人神、大国主神とともに国土経営に尽力】 概要 少名毘古那神(すくなびこなのかみ)は、海の彼方の常世の国から光り輝きながらやって来た小人神である。「古事記」では、天の羅摩船(かがみぶね:ガガイモの・・・

須佐之男命(すさのおのみこと)

【八岐大蛇を退治した、高天原から追放された荒ぶる神】 概要 八岐大蛇退治で有名な須佐之男命(すさのおのみこと)。神様としては、八坂(祇園、弥栄)、津島(天王)、氷川と名の付く神社の祭神として祀られて、霊威、人気ランキング・・・

大国主神(おおくにぬしのかみ)

【数々の試練を経て大いなる国土の王、国つ神の総元締】 概要 八百万の神々の中でも人気である大国主神は、島根県出雲大社に鎮座する縁結びの神としても知られる。優馬栄な「因幡の白兎」の話しの主役、あるいは七福神の大黒様としてそ・・・

伊耶那岐神と伊耶那美神

【高天原より天降り地上の神々を生んだ最初の夫婦神】 概要 伊耶那岐神(いざなぎのかみ)と伊耶那美神(いざなみのかみ)は神話の中で一番最初に出てくる夫婦神で、夫婦婚姻のはじめとか結婚の神などといわれる。また、結婚して数々の・・・

天宇受売命(あめのうずめのみこと)

【神祭をつかさどる神楽や芸能の祖の女神】 概要 天宇受売命(あめのうずめのみこと)は、天照大神が天岩戸に隠れてしまったと(【古事記】天照大御神と須佐之男命~天岩戸「八百万の神の策」)きに、なんとか外に誘い出すため、おもし・・・

サブコンテンツ

  上へ参る

QLOOKアクセス解析
ツールバーへスキップ