「【古事記】上つ巻」の記事一覧

【古事記】大年神(おおとしのかみ)の系譜

大年神(おおとしのかみ:須佐之男命と神大市比売との子)が神活須毘神(かむいくすび)の娘の伊怒比売(いのひめ)を娶り生んだ御子は、、 大国御魂神(おほくにみたまのかみ)、次に韓神(からのかみ)、次に曾富理神(そほりのかみ)・・・

【古事記】大国主神の国作り「御諸山の神」

少名毘古那神(すくなびこなのかみ)は、海の彼方にある常世国(とこよのくに)へと行ってしまい大国主神(おおくにぬしのかみ)が、 「私一人で、どうやって国を作っていったら良いのだろうか。一人ではできない。私はこれから、どの神・・・

【古事記】大国主神の妻と子孫たち

この大国主神(おおくにぬしのか)が胸形の奥津宮(福岡県の宗像大社奥津宮)に鎮座している多紀理毘売命(たきりびめのみこと:またの名は奥津島比売命(おきつしまひめのみこと))を娶り生んだ御子は、 阿遅鋤高日子根神(あぢすきた・・・

【古事記】須佐之男命(すさのおのみこと)の系譜

須佐之男命(すさのおのみこと)が櫛名田比売(くしなだひめ)を娶り交わって生んだ神の名は、八嶋士奴美神(やしまじぬみのかみ)です。 また、大山津見神(おおやつみのかみ)の娘の神大市比売(かむおおいちひめ)を娶り生んだ御子は・・・

【古事記】日向三代~豊玉毘売の出産「鵜葦草不合命(うかやふきあへずのみこと)の誕生」

ある日、綿津見之神(わたつみのかみ:海神)の娘の豊玉毘売(とよたまびめ:豊玉毘売命(とよたまびめのみこと))が、火遠理命(ほおりのみこと:山幸彦)の国に尋ねてきました。 そして、豊玉毘売(とよたまびめ)は、 「私は、あな・・・

【古事記】日向三代~火照命(ほでりのみこと:海幸彦)の服従「塩盈珠と塩乾珠」

海神の宮殿で豊玉毘売(とよたまびめ)と出会い結婚し、三年(みとせ)もの間お住になっている火遠理命(ほおりのみこと:山幸彦)ですが、ある日、大きなため息をおつきになりました。 それは、兄の火照命(ほでりのみこと:海幸彦)か・・・

【古事記】日向三代~海神宮の訪問と豊玉毘売(とよたまびめ)

火遠理命(ほおりのみこと:山幸彦)は、塩椎神(しおつちのかみ)の教え通りにお進みになりました。 すると、塩椎神(しおつちのかみ)の言った通り、魚の鱗(うろこ)のように屋根を葺(ふ)いた宮殿にたどり着きました。 そして、こ・・・

【古事記】日向三代~火照命(ほでりのみこと:海幸彦)と火遠理命(ほおりのみこと:山幸彦)

邇邇芸命(ににぎのみこと)と木花之佐久夜毘売(このはなのさくやびめ)の間に子供が三柱おられます。 そのうちの一柱の神、火照命(ほでりのみこと)は「海の獲物をとる男」と言う意味の名で海佐知毘古(うみさちびこ:海幸彦)として・・・

サブコンテンツ

  上へ参る

ツールバーへスキップ