【古事記】引田部の赤猪子の長い年月

またある時、雄略天皇(ゆうりゃくてんのう)が遊びに出掛け、美和河(みわがわ:三輪山の初瀬川下流付近)に着いた時、川辺で衣を洗う童女(おとめ)がいました。

その容姿がとても美しかったので、天皇は童女に、

「お前は誰の子だ?」

と尋ねると、その童女は、

「私の名は、引田部(ひけたべ)の赤猪子(あかいこ)と申します」

と申し上げました。

そこで、天皇は自身の使いの者に、

「あなたは他の男の所には嫁がずにいなさい。近いうち召すとする(妻にする)」

そのように、伝えさせ宮に帰りました。

そして、赤猪子(あかいこ)は天皇の命令をずっと守り待っている内に、既に八十年が経ってしまいました。

そして赤猪子(あかいこ)は思いました。

「天皇に言いつけ通り待っている間に、とても多くの年月が経ってしまい、姿は痩せて萎(しぼ)み、もはや嫁ぐ先もない。天皇をお待ちしていたこの心をちゃんとお伝えしないことには気持ちが晴れない」

そこで、百取の机代物(ももとりのつくえしろのもの:数多くの引き出物)を人に持たせて宮に参り出て献上しました。

しかし、天皇はかつてそのように命じたことをすっかりと忘れており、百取の机代物を献上してきた赤猪子(あかいこ)にこう尋ねました。

「お前は、どこの老女(おみな)だ。なぜ参内しに来たのだ?」

そこで、赤猪子(あかいこ)は答え申し上げました。

「ある年ある月に、天皇の命を承(うけたまわ)り、その命じた通り待ち、今日に至るまで八十年が経ってしまいました。今は容貌もすっかり老いて、もはや嫁ぐ先もございません。

しかし、私の気持ちだけは伝えておきたいと思い、参り出たのです」

それを聞き天皇は大変驚き、

「私はかつて言ったことをすっかり忘れていた。それなのにお前は志を守り、私の命令を待ち、無駄に盛りの年を過ごさせてしまった。これはとても悲しいく気の毒な事だ」

と仰せになり、内心では娶り妻にしようとも思ったのでしたが、その非常に老いた姿を憚(はばか)り、結婚はせず歌を贈りました。

「御諸(みもろ)の 厳白檮(いつかし)が本 白檮が本 ゆゆしきかも 白檮原童女(かしはらおとめ)」

訳:

「御諸山(三輪山)の御神木なる樫の木の下で、その樫の木のように憚られる。。樫原の童女(おとめ)よ」

また、次の歌も贈りました。

「引田(ひけた)の 若栗栖原(わかくるすばら) 若くへに 率寢(ゐね)てましもの 老いにけるかも」

訳:

「引田(ひけた)の若々しい栗林のように、若いうちに共寝をしておけばよかったのに、私はもう年老いてしまったことよ」

この歌を賜った赤猪子(あかいこ)は泣き涙し、その泣く涙は、ことごとく着ている赤く染めた服の袖を濡らしました。

そして、赤猪子(あかいこ)は、天皇の歌に答え、歌い申し上げました。

「御諸に 築(つ)くや玉垣(たまがき) 築き余(あま)し 誰(た)にかも依(よ)らむ 神の宮人」

訳:

「御諸山に築いた玉垣(神聖な垣)、築き残しは誰に頼めば良いでしょうか。神に仕える人よ」

*かつて天皇に婚約されたが、そのままに時が止まっている自分の事の歌。

また続けて歌いました。

「日下江(くさかえ)の 入江の蓮(はちす) 花蓮(はなばちす) 身の盛り人 羨(とも)しきろかも」

訳:

「日下江(くさかえ)の入江の蓮、その蓮の花のように若く盛んな人。羨ましいことです」

そこで天皇は、数多くの品物を老女(おきな)に賜い、家まで送らせました。

この四首の歌は、志都歌(しつうたや)です。

*志都歌(しつうたや)は、調子を下げ静かに歌う歌です。

 

続きを読む 阿岐豆野(あきずの)「童女の舞」

コメントを残す

  上へ参る

ツールバーへスキップ