【古事記】倭建命(やまとたけるのみこと)「伊吹山(いぶきやま)の白猪」

倭建命(やまとたけるのみこと)は、尾張国(愛知県)の美夜受比売(みやずひめ)と結婚された後、伊吹山(滋賀県と岐阜県の境にある山)の神を討ちに出かけますが、

その時、御刀である草薙剣(くさなぎの剣)を、美夜受比売(みやずひめ)の元に置いて、

「この山の神は、素手で倒してやる!」

といい、持たずに出発しました。

そして、その山に登った時、山の麓(ふもと)で白い猪に遭遇しました。

その大きさは牛ほどあります。

そこで、倭建命(やまとたけるのみこと)は、言挙(ことあげ)して

「この白い猪に化けているのは、その神の使者だな。今殺さずとも帰る時に殺してやろう!」

と言い、そのまま山を登って行きました。

*言挙:自分の意思をあらわにし宣言すること。古代では言挙しその内容が間違いであった時、効力を失い自分の力をも失うとされ、禁句とされていたようです。

すると、突然激しい雹(ひょう)や雨が降って来て、倭建命(やまとたけるのみこと)はその雹と雨に打たれ意識を失ってしまいます。

実は、その白い猪は神の使者ではなく、山の神そのものだったのです。

しかし、倭建命(やまとたけるのみこと)は「山の神の使者」と言挙してしまったので、その怒りを買いこのようにして気を失わせたのでした。

倭建命(やまとたけるのみこと)は、意識が混濁(こんだく)する中、その山からなんとか帰り下り、

玉倉部の清水(たまくらべにある泉:所在未詳(滋賀県坂田郡米原町の醒が井あるいは、岐阜県不破郡関ヶ原町玉とも言われています)に着き、休みになっていると少し意識が回復しました。

それで、その清水を居寤清水(いさめのしみず)といいます。

そして、そこから倭建命(やまとたけるのみこと)は出発し、当芸野(たぎの:岐阜県養老町)の辺りに着いた時こう言いました。

「私の心は、常に空を飛び翔けて行けると思っていた。しかし今は、私の足は歩くことも出来なくなり、たぎたぎしく(腫れてぼこぼこに)なってしまった」

それで、この地を当芸(たぎ)といいます。

そこから少し進むが、とても疲れ、なんとか杖をついてそろそろと歩きました。

そこで、その地を杖衝坂(つえつきざか:三重県四日市市)といいます。

 
続きを読む 倭建命(やまとたけるのみこと)「倭建命の最期」

コメントを残す

  上へ参る

ツールバーへスキップ