【古事記】市辺之忍歯王(いちのべのおしはのみこ)の殺害

その後、淡海(おうみ)の佐佐紀山君(ささきのやまのきみ)の祖の韓袋(からぶくろ)が大長谷王(おおはつせのみこ)に、このように申し上げました。

「淡海の久多綿の蚊屋野(くたわたのかやの:所在未詳)には、多くの鹿がおります。その立つ足は荻原(すすきはら:すすきの原)のようであり、その角は枯樹のようであります」

*佐佐紀山君(ささきのやまのきみ):近江国蒲生郡、近江八幡、滋賀県蒲生群辺りの豪族。

この時、市辺之忍歯王(いちのべのおしはのみこ:履中天皇の御子で従兄弟)を一緒に連れ淡海に行き、その野に到着すると、その二人はそれぞれ別々の仮宮(かりのみや)を作って泊まりました。

翌朝、まだ日も出ていない時に、市辺之忍歯王(いちのべのおしはのみこ)は普段通り何気なく馬に乗り、そのまま大長谷王(おおはつせのみこ)の仮宮の傍らに来て、大長谷王(おおはつせのみこ)の御伴人(付き人、家来)に、

「まだお目覚めにならないのか。早く申し上げよ。『夜は既に明けました。猟場にお越しください』」

と言い、馬を進めて先に行ってしまいました。

すると、大長谷王(おおはつせのみこ)の側に仕えている者達がは、

「無礼な物言いの王(みこ:市辺之忍歯王)です。用心して下さい。またしっかりと武装しておいた方が良いでしょう」

と大長谷王(おおはつせのみこ)に申し上げました。

そこで大長谷王(おおはつせのみこ)は、衣の中に鎧を着て、弓矢を携(たずさ)え、馬に乗り出て行き、たちまちの間に市辺之忍歯王(いちのべのおしはのみこ)の馬に追い付き横に並ぶと、矢を抜いて市辺之忍歯王を射落としたのです。

また、さらにその体を斬り、飼葉桶(かいばおけ:牛や馬の餌の草を入れる桶)に入れて、地面と同じ高さに埋めてしまいました。

*陵のように立派な埋葬ではなく粗末な扱いで葬ったと言うこと。

 

続きを読む 意祁王(おけのみこ)と袁祁王(をけのみこ)の隠れ身

コメントを残す

  上へ参る

ツールバーへスキップ