【古事記】枯野(からの)という船

また、仁徳天皇(にんとくてんのう)の御世(時代)に、免寸河(とのきがわ:所在未詳)の西に、一本の高い樹がありました。

その樹の影は、朝日に当たれば淡道島(あわじしま:淡路島)にまで届き(伸び)、夕日が当たれば高安山(たかやすやま:大阪、奈良の間の山)を越えました。

ある時この樹を切って船に作ると、たいへん速い船が出来、その船の名は「枯野(からの)」と呼ばれました。

そして、その船で朝夕に淡道島(あわじしま:淡路島)の清水を汲(く)んで、大御水(天皇が口にする飲料水)として献上していました。

その船がやがて朽ち果て壊れてしまうと、これを燃やし塩を焼き、また焼け残った木材を取って琴を作りました。

するとその琴の音色は七里に響き渡ったのでした。

そこで世の人々はこのように歌を詠みました。

「枯野(からの)を 塩に焼き、其(そ)の余り 琴に作り かき弾くと 由良(ゆら)の門(と)の 門中の海石(いくり)に ふれ立つ 浸漬(なづ)の木の さやさや」

訳:

「枯野(からの)船で塩を焼き、その余った木で琴を作り弾きならせば、由良(兵庫県の由良)の海峡の、海の中の岩礁(がんしょう)に振れながら立っている。海藻のように、さやさやと鳴り響いている」

この歌は志都歌(しつうた)の歌返しといいます。

*志都は静かにゆっくり歌うこと、歌返しは調子を変えて歌い返す歌のこと。

この天皇の御年は八十三歳、丁卯年(ひのとうのとり:西暦四二七年)の八月十五日に崩御しました。

御陵は毛受の耳原(もずのみみはら:大阪府堺市堺区大仙町)にあります。

陵名は百舌鳥耳原中陵(もずのみみはらのなかのみささぎ)で、大仙陵古墳(だいせんりょうこふん:大仙古墳)といいます。

 

続きを読む 第十七代、履中天皇(りちゅうてんおう)「墨江中王の反逆」

コメントを残す

  上へ参る

ツールバーへスキップ