【古事記】第二十六代、継体天皇(けいたいてんのう)

品陀天皇(ほむだのすめらみこと(品太天皇):第十五代、応神天皇)の五世の孫の袁本杼命(おほどのみこと)は、

伊波礼(奈良県内)の玉穂宮(たまほのみや)にて、天下を治め第二十六代、継体天皇(けいたいてんのう)となりました。

継体天皇(けいたいてんのう)が、三尾君(みおのきみ)等の祖である若比売(わかひめ)を娶り生んだ御子は、

大郎子(おおいらつこ)、 次に出雲郎女(いずものいらつめ)の併せて二柱です。

また、尾張連(おわりのむらじ)等の祖である凡連(おおしのむらじ)の妹の目子郎女(めのこのいらつめ)を娶り生んだ御子は、

広国押建金日命(ひろくにおしたけかなひのみこと:後の第二十七代、安閑天皇)、次に建小広国押楯命(たけをひろくにおしたてのみこと:後の第二十八代、宣化天皇)の二柱です。

また、意富祁天皇(おけのすめらみこと:仁賢天皇)の御子の手白髪命(たしらかのみこと:大后です)を娶り生みになった御子は、

天国押波流岐広庭命(あめくにおしはるきひろにはのみこと:後の第二十九代、欽明天皇)の一柱です。

また、息長真手王(おきながまてのみこ)の娘の麻組郎女(をくみのいらつめ)を娶り生んだ御子は、

佐佐宜郎女(ささげのいらつめ)の一柱です。

また、坂田大俣王(さかたのおおまたのみこ)の娘の黒比売(くろひめ)を娶り生んだ御子は、

神前郎女(かむさきのいらつめ)、次に茨田郎女(うまらたのいらつめ)、次に馬来田郎女(うまぐたのいらつめ)の三柱です。

また、茨田連小望(うまらたのむらじのをもち)の娘の関比売(せきひめ)を娶り生んだ御子は、

茨田大郎女(うまらたのおおいらつめ)、次に白坂活日郎女(しらさかのいくひこのいらつめ)、次に小野郎女(ののいらつめ)またの名は長目比売(ながめひめ)の三柱です。

また、三尾君加多夫(みおのぎみかたぶ)の妹の倭比売(やまとひめ)を娶り生んだ御子は、

大郎女(おおいらつめ)、次に丸高王(まろたかのみこ)、次に耳王(みみのみこ)、次に赤比売郎女(あかひめのいらつめ)の四柱です。

また、阿倍波延比売(あへのはへひめ)を娶り生んだ御子は、

若屋郎女(わかやのいらつめ)、次に都夫良郎女(つぶらのいらつめ)、次に阿豆王(あずのみこ)の三柱です。

この継体天皇(けいたいてんのう)の御子たちは、男七柱、女十二柱の併せて十九柱になります。

この中の天国押波流岐広庭命(あめくにおしはるきひろにはのみこと:欽明天皇)が、次に天下を治め、次に広国押建金日命(ひろくにおしたけかなひのみこと:安閑天皇)が天下をお治め、

次に建小広国押楯命(たけをひろくにおしたてのみこと:宣化天皇)が天下を治めました。

*次は天国押波流岐広庭命(あめくにおしはるきひろにはのみこと:欽明天皇)となっていますが、実際、古事記の記載には、次は広国押建金日命(ひろくにおしたけかなひのみこと:安閑天皇)、

次に建小広国押楯命(たけをひろくにおしたてのみこと:宣化天皇)で、その次が天国押波流岐広庭命(あめくにおしはるきひろにはのみこと:欽明天皇)となります。

そして佐々宜の王(みこ)は、伊勢の神宮(かみのみや)をお祭りなり仕えました。

この継体天皇(けいたいてんのう)の御世(みよ:時代)に、竺紫君石井(つくしのきみのいわい)が天皇の命令に従わず、無礼な事が多くありました。

それで、物部荒甲之大連(もののべのあらかひのおおむらじ)、大伴之金村連(おおとものかなむらのむらじ)の二人を遣わせて、竺紫君石井(つくしのきみのいわい)を殺させました。

天皇の御年は、四十三歳。丁未年(ひとつのひつじのとし:西暦五二七年)の、四月九日に崩御しました。

御陵は、三嶋(みしま)の藍陵(あいのみさき:大阪府茨木市大田)にあります。

*陵名は三嶋藍野陵(三島藍野陵、みしまのあいののみささぎ)で、墳名は太田茶臼山古墳(おおたちゃうすやまこふん)です。

 

続きを読む 第二十七代、安閑天皇(あんかんてんのう)

コメントを残す

  上へ参る

ツールバーへスキップ