【古事記】天照大御神と須佐之男命~大気都比売神の死と「五穀の起源」

こうして高天原を追放された須佐之男命(すさのおのみこと)は、大気都比売神(おおげつひめのかみ:「神生み」で伊耶那岐神(いざなぎのかみ)と伊耶那美神(いざなみのかみ)から生まれた神)に食べ物を乞いました。

すると大気都比売神(おおげつひめのかみ)は、鼻、口、尻からいろいろな美味しそうな食べ物を取り出し、料理として差し出されました。

須佐之男命(すさのおのみこと)はその様子をこっそりとご覧になっていて、

「大気都比売神(おおげつひめのかみ)が穢(けが)した食べ物をわざと差し出した」

と勘違いをなさり、大気都比売神(おおげつひめのかみ)を殺してしまったのです。

すると、殺された大気都比売神(おおげつひめのかみ)の体から様々な物が生まれ、頭からは蚕(かいこ)、両目からは稲、両耳からは粟、鼻からは小豆、陰部からは麦、尻からは大豆が次々と生まれたのです。

そして、神産巣日神(かむむすひのかみ:天地発生でなった別天神(ことあまつかみの)のなかの一柱の神)がこれらを拾わせ、これを「種」として地上にお授けになられました。これが「五穀の起源」なのです。

*排泄物から料理を作った神の屍から穀物などが生まれたというのは、排泄物はやがて地の恵み(肥料)とし自然に還り、それがまた新たな食物の糧になる自然の食物連鎖の循環を意味してると考えられます。

 
天照大御神と須佐之男命~八俣遠呂地大蛇「須佐之男命のお手柄」へ続く
 

コメントを残す

  上へ参る

ツールバーへスキップ