【古事記】三重の采女(うねめ)

また、雄略天皇(ゆうりゃくてんのう)が長谷の枝の繁った欅(けやき)の下で、豊楽(とよのあかり:酒宴)を開いた時、

伊勢国の三重(三重県北部辺り)の采女(うねめ) が大御盞(おおみさかずき:天皇が呑まれる酒盃)捧げ献(たてまつ)りました。

すると、その繁った欅(けやき)の葉が落ち、天皇の盃に浮かびました。

その采女(うねめ)は、落ち葉が盃に浮いているとは知らずに、大御酒を献(たてまつ)りました。

天皇は、その盃に浮いている葉を見るや、その采女(うねめ)を打ち伏せ、太刀をその頸(首)に刺しあて斬ろうとした時、その采女(うねめ)が天皇に、

「どうか私を殺さないで下さい。申し上げることがございます」

と申し上げ、そして次の歌を詠みました。

「纏向(まきむく)の 日代(ひしろ)の宮は 朝日の 日照る宮 夕日の 日陰る宮 竹の根の 根足(ねだ)る宮 木の根の 根延(ねば)ふ宮 

八百土(やほに)よし い築きの宮 真木栄(まきさ)く 檜(ひ)の御門(みかど) 新嘗屋(にいなへや)に 生ひ立てる 百足(ももだ)る 槻(つき)が枝は

上つ枝は 天を覆(お)へり 中つ枝は 東を覆へり 下枝は 鄙(ひな)を覆へり 上つ枝の 枝の末葉(うらば)は 中つ枝に 落ち触(ふ)らばへ 

中つ枝の 枝の末葉は 下つ枝に ち触(ふ)らばへ 下枝の 枝の末葉は あり衣(きぬ)の 三重の子が 捧がせる 瑞玉盞(みづたまうき)に 

浮きし脂 落ちなづさひ 水なこをろこをろに 是(こ)しも あやに畏(かしこ)し 高光る 日の御子 事の 語り言も 是(こ)をば」

訳:

「纏向(まきむく)の日代の宮は、朝日の照る宮、夕日の輝く宮、竹の根が垂れ栄える宮、樹の根が延び栄える宮、多くの土で築き固めた宮です。

立派に栄える檜の、新嘗祭(にいなめさい)を行う御殿に生え立っている多くの繁った欅(けやき)の枝は、

上の枝は天を覆い、中の枝は東の国を覆い、下の枝は田舎を覆っております。

その上の枝の枝先の葉は中の枝に落ちて触れ、中の枝先の葉は下の枝に落ちて触れ、下の枝先の葉は三重の采女が捧げている立派な盃に、浮いた脂のように落ちて浮かび、

水音が「こおろ、こおろ」と。これは誠に畏れ多いことでございます。

天に輝く日の御子、この事を語りお伝えいたします。

*【水音が「こおろ、こおろ」と】は「伊耶那岐神と伊耶那美神~国生み」でのことを例え、盃に葉が浮かんでいることを悪いことではなく、良いことであると、言い喩えた意味か。

この歌を献(たてまつ)ると、天皇はその罪を赦(ゆる)しました。

そこで、大后の若日下部王(わかくさかべのみこ)が歌を詠みました。

「倭の この高市(たけいち)に 小高(こだか)る 市の高処(つかさ) 新嘗屋(にいなへや)に 生ひ立てる 葉広 斎(ゆ)つ真椿(まつばき)

そが葉の 広りいまし その花の 照りいます 高光る 日の御子に 豊御酒(とよみき) 献(たてまつ)らせ 事の 語り言も 堤(こ)をば」

訳:

「大和のこの高い市に、小高くなっている市の新嘗祭の御殿に生え立っている葉広い神聖な椿。その葉のように広く穏やかに、

その花のように照り輝いておられる日の御子に、豊御酒(とよみき)を差し上げなさい。この事を語りお伝えします。」

すると、天皇も歌を詠みました。

「ももしきの 大宮人(おおみやひと)は 鶉鳥(うづらとり) 領巾取(ひれと)りかけて 鶺鴒(まなばしら) 尾行き会へ 庭雀(にわすずめ)

うずすまり居て 今日(けふ)もかも 酒水漬(さかみづ)くらし 高光る 日の宮人 事の 語り言も 堤(こ)をば」

訳:

「宮廷の官人(仕える役人)達は、鶉のように領巾(ひれ:比礼(両肩から垂らして掛ける布)を掛けて、鶺鴒(セキレイ:鳥)が尾を動かすように行き交って、

庭のスズメのようにあちらこちらに居て、今日も酒宴をしているようだ。日の宮の人々よ、この事を語って伝えよう」

この三首の歌は、天語歌(あまがたりうた:あまことうた)です。

*天語歌は「語り伝えた歌」とされます。

そして、天皇はこの豊楽(とよのあかり:酒宴)で、その三重の采女(うねめ)を誉めて、多くの品物を賜いました。

 

続きを読む 袁杼比売との「宇岐歌、志都歌」

コメントを残す

  上へ参る

ツールバーへスキップ