【古事記】袁杼比売(をどひめ)への求婚

またある時、天皇が丸邇(わに)の佐都紀臣(さつきのおみ)の娘の袁杼比売(をどひめ)と結婚するため、春日(奈良県春日町)にやって来た時、その媛女(おとめ:袁杼比売(をどひめ))と道で出逢いました。

しかし、その媛女(おとめ:袁杼比売(をどひめ))は天皇の行列を見て驚いてしまい、岡の辺りに逃げて隠れたてしまいました。

そこで天皇は、次の歌を詠みました。

「媛女(をとめ)の い隠(かく)る岡 金鉏(かなすき)も 五百箇(いほち)もがも 鋤(す)き撥(は)ぬるもの」

訳:

「媛女(をとめ)の隠れている岡を、金鉏(かなすき:農作業や土木工事に使用されたスコップの様なもの)が五百ほどあれば、鋤き払うのだが」

*丘に隠れた媛女(をとめ)を、金鉏がたくさんあれば掘って見つけ出せるのになあ。との意味。

そこで、その岡を名付けて金鉏岡(かなすきのおか:所在未詳)というのです。

 

続きを読む 三重の采女(うねめ)

コメントを残す

  上へ参る

ツールバーへスキップ