【古事記】第三十三代、推古天皇(すいこてんのう)

崇峻天皇(すしゅんてんのう:長谷部若雀命(はつせべのわかさざきのみこ))妹の豊御気炊屋比売命(とよみけかしきやひめのみこと)は、

小治田宮(おはりだのみや:奈良県明日香村内)にて、天下をお治め第三十三代、推古天皇(すいこてんのう)となりました。

推古天皇(すいこてんのう)が天下を治め統治した期間は三十七年になります。

*豊御気炊屋比売命(とよみけかしきやひめのみこと)は第二十九代、欽明天皇(きんめいてんのう)の皇女で、第三十代、敏達天皇(びだつてんおう)の后にあたります。

この天皇は、戊子年(つちのえねのとし:西暦六二八年)の三月十五日、癸丑日(みづのとのうしのひ)に崩御しました。

御陵は、大野岡(おおのおか)の上にありましたが、後に科長(しなの:大阪府太子町山田)の大陵(おおみささぎ)に移しました。

*陵名は磯長山田陵(しながのやまだのみささぎ)、墳名は山田高塚古墳(やまだたかづかこふん)です。

 

 【古事記】天皇の皇位継承(下つ巻) 完

コメントを残す

  上へ参る

ツールバーへスキップ