高御産巣日神(たかむすひのかみ)

【八百万の神に先駆けて高天原に出現した造化三神中の一神】

概要
高御産巣日神(たかむすひのかみ)は、高天原(たかまがはら:天界)に成った(誕生)した二番目の神になります。造化三神(ぞうかのさんしん)の中の一柱で、別天神(ことあまつかみ)の五神の第二神になります。

物を生み成す生命力、創造を神格化した神で、名前の「産霊(むすひ)」は生産や生成を意味します。

また、高御産巣日神は男神的要素で、次に成る神産巣日神(かむむすひのかみ)は女神的要素を持ち、併せて一対の男女の「産霊(むすひ)」の神とされています。元々は同一の神格だったとの考えもあります。 

別名・別称
高木神(たかぎのかみ)、高皇産霊命(たかむすひのみこと)、高天彦神(たかまひこのかみ)
神格
生命力、創造の本源神、天神地祇(天あまつ神と国つ神。天地の神々、すべての神々の意味)の祖。また、高天原の最高司令神でもある。
性別
男神的要素を持つが、性別はなく独神(ひとりがみ)
神徳
諸願成就、開運招福、厄除け、縁結び、など
備考
造化三神(ぞうかのさんしん)とは、天之御中主神(あめのみなかぬしのかみ)、高御産巣日神(たかむすひのかみ)、神産巣日神(かむむすひのかみ)の三柱の神のことで、別天神(ことあまつかみ)は、【古事記】最初に現れた神々~天地発生「別天神と神世七代」を参照下さい。
神社
神産巣日神(かむむすひのかみ)と高御産巣日神(たかむすひのかみ)は、その活動が皇室、朝廷に直接的に大いに関係していると考えられたため、神祇官八神として八神殿で祀られています。。

主にこの神を祭る神社は、数多くあるわけではなく、また、神産巣日神(かむむすひのかみ)と一緒に祀られている事が多くあります。

・安達太良神社(福島県安達郡本宮町)

・東京大神宮(東京都千代田区)

・白髭神社(東京都墨田区)

・四柱神社(長野県松本市)

・赤丸浅井神社(富山県砺波市)

・高牟神社(愛知県名古屋市)

・高天彦神社(奈良県所市)

・御祖神社(おみや:福岡県北九州市)

・高御魂神社(たかみむすび:兵庫県養父群)

などなど。

コメントを残す

  上へ参る

ツールバーへスキップ