【古事記】袁祁王(をけのみこ)と志毘臣(しびのおみ)の歌垣

意祁王(おけのみこ)と袁祁王(をけのみこ)が宮に迎えられ、袁祁王(をけのみこ)がまだ天下をお治め第二十三代、顕宗天皇(けんぞうてんのう)になる前の事、

平群臣(へぐりのおみ)の祖である志毘臣(しびのおみ)が歌垣(うたがき:男女が互いに求愛の歌を歌い合う場)に立ち、その袁祁王(をけのみこ)が求婚しようとしていた美人(おとめ)の手を取りました。

その嬢子(おとめ)は菟田首(おだのおびと)らの娘で、名は大魚(おふを)といいます。

すると、袁祁王(をけのみこ)も歌垣に立ちました。

そこで、志毘臣(しびのおみ)は歌を詠みました。

「大宮の 彼(をと)つ端手(はなで) 隅傾(すみかたふ)けり」

訳:

「御殿の、あっちの片方の隅が傾いていないか」

このように歌い、その歌の末(下の句)を求めた(歌の続きを振った)時、袁祁王(をけのみこ)がその末を詠みました。

「大匠(おおたくみ) 拙劣(をじな)みこそ 隅傾(すみかたふ)けり」

訳:

「大工の腕が悪いから隅が傾いているのだ」

そこで、志毘臣(しびのおみ)は、また歌を詠みました。

「王(おおきみ)の 心を緩(ゆら)み 臣の子の 八重の柴垣 入り立たずあり」

訳:

「王(おおきみ)の心が緩んでいるので、臣下の幾重にも囲んだ柴垣に入って来れないのだ」

また、王子(みこ:袁祁王(をけのみこ))が歌を詠みました。

「潮瀬(しおせ)の 波折(なを)りを見れば 遊び来る 鮪(しび)が端手(はたで)に 妻立てり見ゆ」

訳:

「浅瀬の潮(波)が折れるのを見れば、遊びに来た鮪(しび:マグロ)の片鰭(ひれ)に、妻が立っているのが見える」

*つまり、鮪(しび:志毘臣(しびのおみ))の横にいるのは、私の「妻」である。との嫌味。

それで、志毘臣(しびのおみ)はいよいよ怒って、歌を詠みました。

「大君の 王子(みこ)の柴垣 八節結(やふじま)り 結(しま)り廻(もとほ)し 切れむ柴垣 焼けむ柴垣」

訳:

「大君の御子の柴垣は、たくさんの結び目で節だらけ、そんなのはすぐ切れる柴垣、焼けてしまう柴垣だ」

そこでまた、王子が歌を詠みました。

「大魚(おふを)よし 鮪(しび)突く海人(あま)よ 其(し)が離(あ)れば 心恋(うちこぼ)しけむ 鮪(しび)突く志毘(しび)」

訳:

「鮪(しび)突く海人(あま)よ、それが離れて行けば心悲しいだろう。鮪(しび)突く志毘臣(しびのおみ)よ」

*海人(海女):大魚(おふを)が離れて行ったら、それは悲しいだろうな~志毘臣(しびのおみ)よ。

このように歌を詠み合い、夜を明かし、お互いは帰りました。

翌朝になった時、意祁王(おけのみこ)と袁祁王(をけのみこ)の二柱は相談して、

「おそらく、朝廷の人達は、朝は朝廷に参り、昼には志毘の家の門に集まる。今は、志毘は寝ているだろう。また志毘の門には人もいない。今攻めなければ後から難しくなる」

と話し合い、すぐに軍を起こし志毘臣(しびのおみ)の家を取り囲み、殺してしまいました。

こうしてその後、二柱の王子たちは、互いに天下を譲り合いました。

そこで意祁王(おけのみこ)は、その弟の袁祁王(をけのみこ)に譲って、

「針間の志自牟(しじむ)の家に住んでいた時、もしあなたが名前を明かさなかったら、今、こうして天下を治め君臨する君主にはなれなかった。

これはあんたの功績である。だから、私は兄であるけれども、やはりあんたが先に天下をお治めるのだ」

と言い、堅く譲りました。

それで袁祁王(をけのみこ)は、辞退することが出来ず、先に天下をお治めることになりました。

 

続きを読む 第二十三代、顕宗天皇(けんぞうてんのう)

コメントを残す

  上へ参る

ツールバーへスキップ